自己紹介

自分の写真

ダイビングとバイクをこよなく愛する53歳のおやじ。じっとすることが嫌いな性格はいつまでたっても変わらず。なんにでも興味を示す雑食派 人との繋がりが自分のすべてのエネルギーと信じる。日々出会い、日々学び 嫌いな言葉 マイペース 無責任

2016年4月30日土曜日

精神的頂点から衰退へ

人間は今、満足、安定を求めて生活をしている。

その為に、いろんな機器の開発など物理的発明を次から次へと行っている。

そしてそれは、明らかに自分たちの生活を助けるものとなっている。

が、果たして、本当に心の満足は得られているだろうか?

昔に比べ、物理的発明によって、格段に生活は変わってきているのに昔に比べ不平不満は増える一方だ。

最初はいたちごっこかと考えていたが、最近どうもそうではないと思うようになってきた。

私たちは超えてはいけないよう域超えたのではないか?

生き物とは常に成長を求め、決して満足をするものではない。

人間以外の生き物を見たとき、満足とは結局衰退、絶滅の一途をたどるのが常である。

我々人間は理性を持ち合わせていながら、反面、右肩上がり曲線で欲望はどんどん増えていく。

だからこそ、自分さえ満足すればいいというような自己中心的人間が激増した。

そこに生まれるのは争いである。

争いとは戦争だけを言うのではない。

もっと醜い陰湿な争いが世の中に溢れている

精神的欲望を追求するがあまり、本来人間が持っている理性を超えてしまったのが今の現状ではないか?

そしてそれが当たり前になったとき、もう人間は元に戻ることができなくなり、他の種族と同じように衰退から絶滅を引き起こすパンドラの箱を開けてしまっているように思えてならない。








2016年4月2日土曜日

理想のワークスタイルは目的にはならない

昨日とある同業経営者から新入女子社員の相談を受けた。
詳細は書かないが、
結果として、その社員はやめるという。僕も、それが正しい結果だと進言した。
夢を持ち、その夢を追いかける中で生まれる理想との乖離。それでも夢を追い続けるために、現実を見据え、理想との差はあれども一歩一歩夢に近づく。
これが本来の姿

しかしその彼女は、自分の理想とする社会人の姿を夢としたのか?その乖離が、会社に対する不満に変わる。
挙げ句の果てには、顧客から感謝の態度がないから、私は嫌われている。
と言いきる始末。

夢を追いかけるのは良い、が、理想のみを追求するのは大きな間違い。

あっ、経営者にも、経営側にも良くない点は指摘しましたからね。

また目的のお話

人間がとる行動は総てにおいて必ず目的が伴う
見えなくても必ず目的は存在する
誰のためにその行動はされようとしているのか?
自分のタメなのか他人のタメなのか?他人であればそれは誰なのか?
その人に対して何のためにそれはなされるのか?
それを明確に考え行動をおこさなせればそれは単に無駄な動きにしかならない。仕事においても同じこと。
特に仕事に置いて、自分のための行動は皆無に等しい。肝に銘じよ!!

言霊 口に出せ!!

想いや夢は語ってみるもの!
一人では無理だと思っていても、そんな大きな事出来るはずがないと自分で思っていても、口に出してみることは本当に重要。
語ることにより、それは現実になろうと一人歩きする。
今日そんな出来事があった。
夢は形になる。
ダイブサファリ!現実になるかもよ
ワクワクしてきた。

経験→出会い→不安→焦り→経験 変な連鎖


昨日も遅くまででしたが、10年来の友人と久しぶりにゆっくり語った。なんか気持ち悪いくらいお互いを誉めあう(笑) でもなんか新しい自信が目覚める瞬間でもあった
やればやるほどやったことに見合う人に出会う。そしてその人は必ずと言っていいくらい自分より優れて見える。
また次の不安が訪れる
不安だけなら良いがそれに焦りまで伴ってくる。ある意味不安の連鎖が成長なのだけれども、焦りは良くない。
昨日は、そんなことを払拭してくれる言葉をもらった。

素晴らしい人達が集まる人に徹しよう。

その人たちに助けてもらおう(笑)

気がつけばお互い良く似たタイプだった

皆さんよろしくね(笑)(笑)